読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のぼうや

■クリスマスのぼうや 

甘いお菓子などはあまりあげていなかったし、

ほぼ初めてのケーキを体験。

イチゴののったクリスマスケーキ。

「そんなに上手にフォーク使って食べられるんだ自分?」

というくらいに上手にフォークを使いこなし、ほぼこぼすことなく

超集中して完食。とても美味しかったみたいで、次の日もケーキの

入ってた箱を持っては「ケーキ!新しいのつ!」と言って催促。

「のつ」とは、「やつ」のこと。「ママのやつ」は「ママのつ」となる。

 

■お正月のぼうや

生ホンマグロ、いくら、茶碗蒸し、フライ、スチューベン、お寿司などなど

美味しいもの盛りだくさん。すごく美味しそうに食べる。

みかんを両手に持ち、さらにアゴの下に挟んで運ぶ技を習得。

本人はもちろん、「がんばっておしごと」してる気持ち。

どんぐりさんもお正月休みなので、年末は毎日のようにぼうやを連れて

二人でお散歩へ出かけてくれた。ぼうやはすっかり味をしめて、

「ママ待ってる」と言って私に留守番を命じる。二人ともとても楽しいようで

ぼうやの情緒は普段以上に穏やかでのびのびしており、

ひっじょーに良い習慣が始まったことを私は凄くうれしく思っている。

 

■冬の日のぼうや

雪が降って、午前中は私と駐車場の雪かき。おばあちゃんに買ってもらった

ぼうや専用のスコップで隣の人の駐車スペースの雪を荒らす。

どんぐりさんに買ってもらった真っ赤なソリに自分で雪を積んで、

そんで綺麗に除雪された隣の駐車スペースに投げる。という仕事を

一生懸命やっていた。もちろん私が後からちゃんと綺麗にしましたよよ。

 

■クリスマスプレゼント

サンタさんが持ってきてくれたぼうやへのクリスマスプレゼントがとても良い。

アンパンマンのおしゃべりいっぱいことば図鑑デラックスというやつですが、

結構長い時間集中して遊んでいる。そして今日などアップルパイという言葉を

知らない間に覚えていて、さらにそれを活用しておっぱいを飲む時

「おっぷるぱい」と言って笑っていた!すごいダジャレのセンスである。

 

ニトリの足

ぼうやだけ、室内ではく温かいルームシューズを持っていなかったのです。

私のはニトリのグレイ色のやつなのだが、それの子供用を先日やっと購入。

お揃いで可愛い。履くともっと可愛い。ぼうやが。

 

こんな夜更けに駐車場から雪かきの音。雪国の風物詩のひとつですね。

おやすみなさい。わたしはぼうやの待つベッドへ行きます。歯みがいてから。